山下健二郎のusj時代はダンサーとして活躍。ウォーターワールドにも参加!


三代目で活躍する人気者やけど、過去にはusjで勤務してたこともあるらしい。

 

そんな過去があるなんて、ファンなら知ってるかもしれへんけど、知らん人も多いやろうから、是非見ていってくれ。

山下健二郎プロフィール。

生年月日:1985年5月24日

年齢:33歳

所属事務所:LDH JAPAN

所属グループ:三代目 J SOUL BROTHERS

出身校長岡京市長岡第四中学校→京都府立向陽高等学校→キャットミュージックカレッジ専門学校ストリートダンス専攻

兄弟:兄

趣味:スニーカー集め(100足ぐらい持っている)バス釣り(メキシコまで行っている)、ゴルフ

三代目と言えば勿論パフォーマンスでダンスやんな。山下のダンスのスタイルは、EXILEの初期に最も近いダンスやな。ニュージャックスイングを得意としているみたいやな。

なにそれ?って思ったかもしれへんから、説明しておこうか。

ニュージャックスウィングとは、1980年代中盤にアメリカ合衆国で発生し、1980年代後半から1990年代前半にかけて流行した音楽スタイル。

まあ、しいて言うならヒップホップやな。三代目に入る前はステップしかしてなかったけど、入った後はスタイルが変わった山下。色んなダンススタイルがあるから、かなり大変そうやな。

けど、それがまたいい刺激になっているみたいや。

さて、USJ時代の話をしていこうか。

 

山下健二郎のusj時代はユニバダンサーだった!

今でこそ国民的アイドルグループで有名になり、知名度もうなぎ上りの山下やけど、過去にはUSJで働いている時期があった。

その時期聞いて驚きの…「二年弱!」まあまあの期間働いてたんやな。

因みに、なんでUSJでダンスをしてたのか、それは好きやったから。って言うのは誰でもわかると思う。(笑)

実は山下、高校の時の文化祭でダンスを披露することがキッカケでのめり込むことになった。まさか、そんな出会いやったとは。

もしここでダンスをしてなかったらバス釣りのプロになってたかもしれへんな。(笑)

ダンスってカッコイイ。モテたい!」そう思ってたみたいで、山下はその後専門学校で本格的に技術を学んだ。その時期にUSJに勤務していたということや。

 

山下健二郎のusjでのダンスが評判になっていた。

実はUSJのダンサーとして人気やった山下目当てにアルバイトを応募してくる人もおったみたいで、まさに山下フィーバー状態やったみたい。

因みにセサミストリート、シュレックのパレードにも出てたみたいやで。すげ~。

この番組は「行列のできる法律相談所」っていう番組。後藤輝基がMCを務めてる。

この番組撮影時に、山下はUSJでダンサーをしていたと明かしファンを驚かせてたな。

勿論その時後藤が「踊って!」っとお決まりのフリ。今でもそのダンスを忘れてないみたいで、客席も大盛り上がりやった。

やっぱり身体で覚えたもんは、記憶に深く残るんやろうな。

 

山下健二郎はusjのウォーターワールドの楽しみ方をzipで伝授。

やっぱり二年弱勤めてたら、楽しみ方も分かるやんな。山下はウォーターワールドで、スタッフにこう言ったらこうなる事を教えてくれてた。

と、その前にウォーターワールドの説明を。

映画「ウォーターワールド™」の世界を、忠実に再現。


急激な温暖化によって陸地が完全に消滅した未来の地球を舞台に、幻の大地「ドライランド」を巡る凄まじい戦いが巻き起こる!


飛び散る水しぶき、噴き上がる火柱、海の底へ沈む人々…。
スリル満点の壮絶バトルに圧倒される!

ライブ・スタントショーやねんけど、かなりスリルあるアトラクションやんな。圧巻の演技や。

山下は当時プレミアムショーに出演してて、スタントマンに「濡れたい!」と言えばズブ濡れにしてもらえるって言ってたで。(笑)

2018年のクリスマスにはzipでユニバに行って山下から楽しみ方を伝授されてたわ。(笑)

 

山下健二郎は「オールナイトニッポン」でもusjのマメ知識披露。

山下のUSJ愛は留まることをしらない。豆知識を言ってたから、紹介していこう。

USJに入ってすぐにある大きい地球儀は地球の自転と逆に動いている。理由はユニバのロゴマークが頭から見えるように細工されてるため。

ニューヨークエリアの建物は遠近法で高く見えるように作られている。

…とまあこれだけじゃないみたいやねんけど、あまりに喋っていたみたいで全ての情報を得ることが出来んかった。(笑)

さ、じゃあ山下のユニバ写真を一挙ご覧あれ。

爽やか!

何これ。(笑)

謎の格好。(笑)

USJを卒業した山下は「EXPG大阪校」に通い、そして2009年「第一回劇団EXILEオーディション」最終メンバーになった事で上京した。

さ、続いてはこの後、デビューした山下の苦労話に行こうか。

 

山下健二郎のデビュー当時は苦労していた。

2010年に「劇団EXILE」のメンバーになってる山下。2011年の7月半ばまで活動して脱退してるんやけど、この時が一番苦労してたみたいや。

全然仕事がないのにも関わらず、レッスンの日々。なんと週7回全部レッスンの日もあったみたいや。それやのに、「お前調子乗ってるな」って言われたことも有るらしい。

…ほんで三代目になったばかりの時が大変やったみたい。山下はこう言ってる。

今までで1番きつかったかもな。何にもわからへんやん?演技の経験が無いのに旗揚げ公演で、いきなりメジャーデビューで三代目J Soul Brothersになって。

全然わからない世界が2個いきなり来て『どうしたらいいん!?』って

今でこそ華々しく見えるけど、かなりの苦労をしてきてる。やっぱり過去の努力が実を結ぶことは間違いない。

 

山下健二郎はダンスより釣りが好き!まとめ。

山下はある番組で「一生釣りするかダンスするか。どっち?」と聞かれ、「う~ん。釣り」って答えてるわ。(笑)

なんでも釣り歴がダンス歴より長いらしく、爺ちゃんになっても竿を持っていたいようや。可愛すぎやな。

…という事でまとめ。

山下健二郎はUSJ時代ダンサーとして勤務していた。ウォーターワールドのプレショーにも参加していた。

 

スポンサーリンク

コメント