國田正春(チャッピー)の写真!どんな人物だったのか。

スポンサーリンク

貴方は国田チャッピーという人物を知っていますか?彼は関東連合のメンバーであり、六本木襲撃事件に関わった人物です。あまり表立つことはありませんでしたので、情報に関しても少ないですがちょっと調べてみました。

 

関東連合の國田正春(チャッピー)の写真!

チャッピーの姿を知らない人が多いので、写真をお見せしましょう。

なかなかイカツイ風貌をしていますよね。これで20代ですから貫禄があります。サバンナの高橋に似てるという声を聞いた事が在りますが、確かに似ていますよね。

うん、似てる。

 

 

国田正春(チャッピー)はどんな人物だったのか。

見立真一と同じ半グレグループ『永福町ブラックエンペラー』に所属していたチャッピー。実は見立が総長になった時、彼は『特攻隊張』という役職だったそうです。見立と同級生でしたから、それを利用して甘い汁を吸っていたという噂もありますね。

彼は六本木襲撃事件の時、見立と同じ車『キャデラック』に乗り、前の席に座っていたそうです。見立は後ろの席でした。彼は事件現場に向かいたくなかったと供述していたのですが、瓜田純士は「仲間を売る行為だ」として非難していました。

というのも、彼は事件があってから最初に小池と出頭していて、その事から懲役10年になった経緯があるからです。つまり、保身に走って仲間に責任を擦り付けたという事です。関係ないと言っても、事件にかかわった人物ですからあまりにも罪が軽いと感じるのは私だけでしょうか。

「國田、小池がやけに安い。百井が15年と考えると安すぎます。検察とかは真実を知らないんでしょう。未決通算も230日ですよね。普通の一般人が控訴しても出ないですよ。ましてや準暴力団ですからね。

おそらく、取調べにかなり協力したからじゃないですか。簡単に言えば、取引で仲間を裏切ったと。自分らじゃ考えられないですけど」

引用元:『niconico』

この事件は当時かなりフューチャーされましたが、石元と見立ばかり報道されたのも違和感を覚えましたね。懲役を喰らって現在は服役中のチャッピー。2024年頃にムショから出てきますね。

 

 

まとめ。

今回は國田正春(チャッピー)について紹介しました。六本木襲撃事件であまり報じられなかった人物ですから、情報が少ないですね。ただ、見立と同い年で永福町ブラックエンペラー時代は『特攻隊長』という役職でしたから、半グレの間では有名な人物である事は間違いなさそうです。

コメント

スポンサーリンク