津田弥太郎が帰化している証拠発見!やっぱり在日だった。


津田弥太郎という人物を覚えていますか?そう、元政治家です。彼は民進党に所属していた議員ですが、当時から在日疑惑が出ていましたよね。実際の所、帰化している事が分かったので、その証拠をお見せしましょう。

津田弥太郎が帰化している証拠発見!やっぱり在日だった。

津田弥太郎には在日疑惑が出ています。彼は『在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟』に所属していましたからね。在日を疑われるのも当然です。

因みに、その団体には白眞勲という在日も所属しています。何故このような人物が政治家になれるのか不思議で溜まりませんが、それだけ今の日本人が政治に無関心という事なのでしょう。

 

...さて、津田弥太郎が帰化した事が分かる資料をお見せしましょう。

画像出典元:『twitter』

『津田弥太郎』の人物名を見つける事ができましたか?現在は帰化している事が分かったでしょう。つまり、彼は在日だったという事なのです。そう、元々の国籍は朝鮮半島(韓国か北朝鮮)のどちらかです。

産まれは『岐阜県大野郡』となっていますから、恐らく父親が在日で国籍が日本ではなかったのでしょう。ですから、津田弥太郎が日本に誕生した時も日本人ではなく朝鮮半島のどちらかの国籍だったという事になります。

そんな事もあり、彼は『在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟』という団体に所属していたという事なんです。

その団体の目的は永住外国人に地方選挙権を付与する事。とんでもない事を考えている団体なんです。個人的にはそのような法案が通ってしまうと日本が日本で無くなるように思えます。

 

津田弥太郎は何故逮捕されなかったのか。

津田弥太郎は大沼瑞穂参議院議員に暴行を働いた事を覚えている人も多いかと思います。それが原因で津田弥太郎を知った人もいるかもしれません。

彼は2015年9月17日に行われた【参院平和安全法制特別委員会】での『平和安全法制採決』の時に大沼議員を後ろから引っ張り、そして倒して怪我を負わせました。

津田弥太郎は「大沼議員が妨害をしていたから避けようと思ったら、彼女が倒れた」と言っていますが、その時の動画を見ると単なる言い訳であることが分かります。

間違いなく自分から引きずっている事が分かりますよね。それなのに謝罪もなく、現在に至るのです。あり得ますか?これが国会外だったら『暴行罪』で逮捕されています。国会だったから逮捕されなかったとは何とも違和感のある話です。

 

 

津田弥太郎の現在について。

津田弥太郎が議員として役職を果たしたのは2004年7月26日から2016年7月25日です。政界から退いた後、一体何をしているのか気になる所ですが有益な情報がありません。彼の現在を調べようと、SNS(TwitterやInstagram)で情報を探りましたがそれらしき情報もありません

一体どこで何をしているのでしょうか、彼は元々在日だという事が分かったので、在日関係の会合などに足を運んでいるかもしれませんね。怖すぎます。

 

まとめ。

今回は津田弥太郎が帰化している証拠をお見せしました。彼は日本で誕生していますが、国籍は朝鮮半島(韓国か北朝鮮)だったのです。

コメント