井上陽水は在日韓国人?両親(母親&父親)の出会った場所がまさかの…


シンガーの井上陽水さんに在日の噂が出ています。多くの人が真実を知りたがっていますね。率直に言うと、彼は日本で誕生していますから日本人と言う事になりますが、一応念のために彼の両親の経歴について調査する事にしました。

井上陽水が在日韓国人と疑われている!

井上陽水が韓国人?私はそんな事を考えた事も無いのですが、彼の国籍について発信している人がいます。

井上陽水さんは福岡県で誕生していますので、国籍は日本と言う事になるはずですが、彼の事を在日だと決めつけている人が居ますね。ソースも無いのに決めつけることはよくありません。

 

せやな。間違った情報が広がってしまうと、井上陽水は被害者になってしまうからな。

ね。ですが、もし彼の父親が在日だったら通名を使っているという可能性もありますし、国籍も韓国だという可能性もあります。もしそうだとしたら井上陽水さんは在日だという事になりますが、それを分かった上で井上陽水さんを在日だと言っているのでしょうか。

という事で、彼の両親について調査してみることにしました。

 

井上陽水の両親(母親&父親)の経歴について調査!出会いが朝鮮半島だった...

井上陽水さんの両親について調べてみましたが、在日だと言われる理由が分かりました。それは、父親の若水(わかみ)と母親が朝鮮半島の『京城』という地、現在のソウルで知り合って結婚しているからです。

 

ソウルで知り合った?ん?どういう事?

えっとですね、戦時中に京城で知り合ったという事です。ですから、現在の地名がソウルだという事です。当時日本は朝鮮半島を統治していましたので名称が違うという事です。

 

あ~、そういう事か。

はい。因みに父親の若水さんは高知県出身で職業は軍医。そして母親は福岡県出身でした。終戦後に母親の地元に定住する事になり、そしてその地で井上陽水さんが誕生したという事なのです

父親は軍医として働き、終戦後は炭鉱で労働します。そしてその後は歯科医を開業しています。

長々と話しましたが、井上陽水さんが在日だと言われているのは、父親と母親が京城という場所で出会った事が原因になっていたのです。



 

…と、謎が解けたように思えましたが、

かなり怪しい情報を

発見してしまいました。。。

 

何々?!

 

井上陽水のデビュー時の曲『カンドレ・マンドレ』は韓国語だった?!

井上陽水さんがデビューした時の芸名は『アンドレ・カンドレ』だというのはファンの間では常識の話です。

 

それと井上陽水が在日って何の関係があるん?

井上陽水さんのデビュー時の曲が『カンドレ・マンドレ』で、その言葉は韓国語で『酔っ払い』を意味しているのです。

 

マジ!?

はい。

何故それが分かったのかというと、韓国語を理解する人がこう言っていたからです。

韓国在住13年の私にとってこの語は間違いなく韓国語であると判断できたからだ。

この語は一体どんな意味なのかお読みの方々はちょっと気になる所であろう。陽水ファンであられるなら尚のことであろう。

私もこの記事を書く前に「井上陽水/カンドレ・マンドレ」で日本語表記とハングル表記の両方で検索をしてみたがこの語に関する検索結果にはこの曲名の意味を分かって書かれたものはひとつも無かった。※

なので私がウェブにて曲名の意味を初めて具体的に解釈・説明する人物となるようである。

デビュー曲名の「カンドレ・マンドレ」を韓国現地の発音に忠実にカタカナ表記すると「コンドゥレ・マンドゥレ」となる。

その意味は「ぐでんぐでん」「べろんべろん」

泥酔状態を指す語である。

引用元:『楽天ブログ』

...この情報を見た時、私は井上陽水さんが在日だと噂されている理由が分かりました。

 

こんな難しい言葉を芸名にするなんて、在日説が濃厚とちゃうか?

どうでしょう…

井上陽水さんの父親である若水さんの父親の名前は『廣之助』と言われていますし、母親は『小竹』だと言われています。名前を見ても在日とは言えませんし、そう考えると謎が深まるばかりです。

確かに井上陽水さんの顔付きは韓国人っぽいですが、そんな人は沢山いますからね。ですが何故彼が『カンドレ・マンドレ』という曲名を付けたのか、理由は分かっていません。。。

そう考えると、ちょっと怪しい...

 

まとめ。

今回は井上陽水さんの在日韓国人説について調査してみました。井上陽水さんの産まれは福岡県で、父親の出身は『高知県』。母親の出身は『福岡県』でした。

という事で、井上陽水さんが在日だと立証する事は出来ませんでした。ただ、彼の芸名である『カンドレ・マンドレ』は韓国語で泥酔状態を表す言葉だと言われていますので、もしかしたら彼は在日かもしれませんね...

コメント