和田アキ子の現在の目は?手術は失敗に終わる?2020年はどうなる?


和田アキ子さんの””の事についてまとめた記事になります。

 

最近、アッコさんの目について、多くの人がツイートされているのですが、見てみると整形しただの色々と言われている事が分かります。まあ、芸能人ですからね…

 

ですが、結論を言うと違います。真相が気になりましたので、調べてみることにしました。もしかしたら、来年に再び手術する可能性がある事が判明しました。

和田アキ子の現在の目が過去と違う?手術後の二重。

ネットで「和田アキ子」と検索すると「和田アキ子 目」と検索されている事が分かります。それだけ、アッコさんの目に関心があるのでしょう。

ですから、最近どのようなツイートがされているか見てみることにしました。

すると...

毎日のように、アッコさんの目に関してツイートされている事が分かります。一番初めの人の「どうでもいいけど」ってのが胸にグサッと来ますね。

まあ、それだけ関心があるという事がお分かりになったかと思います。こうしたアッコさんの目に関するツイートは、昨年2018年の12月から続いています。

アッコにおまかせ』に出演した時からアッコさんの目が変と話題になりました。

引用元:Twitterより

上記のツイートをした人は、『ヒアルロン酸』のハッシュタグを付けていますね。という事は、アッコさんが整形したと思っていることになります。

 

違います!アッコさんは『眼瞼下垂』なのです!

 

其の証拠に、番組が始まった時、眼瞼下垂の手術をしたと告白していますからねその声を聞いている人ならアッコさんの目を見て心配するはずですが、それ以外の人は「整形」とか言っちゃうんですね。

アッコさんは番組で、「心と体は元気いっぱい」と答えまして、そのまま時間が経てば元通りの目に戻るだろうと思っていましたが...

...上記の『あっこにおまかせ』以外にも、違和感満載の画像がありました。ツイッターにて分かりやすく投稿してくれている人がいますので、参考にさせて頂きます。

 

FNS歌謡祭に出演した和田アキ子の目が変でおかしいと話題になっていた。

...アッコさんは、2016年頃から視野が狭くなっていたらしく、そのままほったらかしにしていたらしいです。

その結果、症状が悪化し、頭痛に襲われることに。まぶたが腫れ、下がってきていたので流石にマズいと思い、病院に行く事となり手術をすることになったという事です。

 

和田アキ子は目の手術をして失敗していた?

和田アキ子さんは2018年11月頃に手術をしてから時間が経っているというのに、まだ違和感があります。

「本当に手術は成功したのか」

ファンはこう思っていることでしょう。本人も、満足いかない結果と言っていますし、その結果未だにツイートされている訳です。

慶應義塾大学病院】のサイトで手術後について書かれていました。

個人差がありますが、手術後1週間くらいはまぶたの腫れが強く出ることがあります。1か月くらいかけてかなり自然な状態になりますが、完全に回復するのには数か月かかります。

腫れているあいだは二重まぶたの幅がとても広く見えますが、腫れがひけば予定していた二重の幅になります。

引用元:慶応義塾大学 医療・健康情報サイトより

1か月くらいかけて自然な状態になる”この言葉を聞くと、アッコさんの手術は失敗したのではないかと思ってしまいますね。時間が経過しても、目の違和感をツイートする人が多いですし…

アッコさんは、2019年5月(手術をしてから約6か月後)自身のラジオ番組【ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回】に出演し、目の事に関して発言しました。

その発言は、「気に入らなくて、まだ痛い」「まだ痛いのはおかしい、痛み止めを飲んでる」というものでした。

本人がこう発言してるって事は、手術が失敗に終わったと言ってもいいかもしれません。

そして、それから少し時が経った6月(手術を受けてから約7か月後)に、深夜番組【巷の噺】にて、再び語りました。

 

「ものすごい変な目になった」

 

アッコさんは毎日鏡を見るたびにため息をついているのでしょうね。。。

仲が良い鶴瓶さんはこう発言していました。

いつでもワロタ目してるから、本心がわからへん。前はもっと(目が)丸かったよ。視野狭いやろ?

引用元:yahooニュースより

との事で、2018年11月に受けた『眼瞼下垂』の手術は失敗に終わったという結論にさせて頂きます。



...さて、それではこの『眼瞼下垂』の手術について話していきましょう。専門家の話を交えていきます。

 

和田アキ子が受けた『眼瞼下垂手術』の症状。原因は何?

引用元:共立美容外科より

症状について。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを開く筋肉がうまく機能しないために、目がしっかり開かない状態の症状です。

引用元:共立美容外科より

重度の眼瞼下垂の場合は、体への影響が強く出てしまう場合があります。

例えば、偏頭痛が頻発に起こってしまったり、作業効率が著しく下がってしまうなど、生活面にも支障が出る症状がでる場合があります。

引用元:共立美容外科より

まさに、アッコさんですよね。2016年あたりから違和感が出ていましたが、病院に行かず、結果的に酷い頭痛を起こしていますから、重度の眼瞼下垂という事になります。

アッコさんは、『後天性眼瞼下垂』のようで、年齢を重ねた事による筋力の低下により、瞼が下がってきたと見られています。

 

...頭痛が酷いと言っていましたよね?何故、ひどくなるのか詳しく書いている記事を発見しましたので、引用させていただきます。

まぶたをきちんと上げることが困難になるために、無意識に前頭筋(おでこの筋肉)を使ってまぶたを上げる手助けをしようとします。

そのために眉毛の位置が上がり、おでこにしわが寄ります。それでも視野が狭い場合には正面を見る際にあごを上げるようになります。

引用元:慶応義塾大学 医療・健康情報サイトより

アッコさんは、見たからに我慢強そうな性格ですから、何とかなるだろうと考えていたのかもしれませんね(^-^;

我慢した結果、このような結果に至った訳ですから、身体の異変を感じたらすぐにでも病院へ行った方が良さそうですよね。

...アッコさんの『眼瞼下垂』の件について、病院の先生が自身のブログにて記事にしていました。見てみることにしましょう。

 

和田アキ子の『眼瞼下垂』について、【アオハルクリニック】の矢沢医師が発言。

和田さんのように、もともと目が細く、二重がはっきりしない目の方は、術後ぱっちり二重になるので、非常に『やった感』がでてしまい、周囲は違和感を感じます。

引用元:AOHAL CLINICより

アッコさんは有名人なので、手術後に見た人はビックリしますよね。

矢沢医師が『眼瞼下垂』の患者さんに対し、「手術をすればよくなりますよ」と言うと、患者さんは「和田アキ子のやつね。あれはイヤ」と返答される事が多くなったと書いてありました。まさに偏見ですよね。

ただ、矢沢医師の場合は完全に落ち着くのに3か月~6か月掛かると言っていますから、アッコさんは失敗に終わっていますよね。。。

そんな事もあり、患者さんはその手術を怖がっているのかもしれませんね~

アッコさんが原因で風評被害が広がっているとは少し残念です。そんな彼女の若い頃を見てみましょうか。

引用元:RESO NOTEより

めちゃめちゃ美人さんですよね~(*´Д`)今のアッコさんと比べると、別人のようです。まあ、そりゃそうですよねw

 

アナウンサーの【宮根誠司】も『眼瞼下垂』の手術を受けていた。

手術を受ける前と後を見てみましょう。

違和感満載です。

上記の画像は2019年1月頃なのですが、彼の場合は「プチ整形」と告白していますね。アナウンサーという仕事をこなしながらの手術は大変だったでしょうね。

眼瞼下垂手術を受ける原因になったのは、アッコさん同様、「加齢でまぶたが下がってきたから」と言われています。

手術しないまま放っておけば、アッコさんのように酷い頭痛に悩まされていたかもしれませんし、視野が狭くなるという機能障害にも悩まされることになっていたはずです。いや、なっていたかもしれませんが。。

アッコさんよりも後に手術をしていますが、2か月ぐらいの差ですからね。宮根誠司さんの状態も観察しつつ、アッコさんの様子も見たいと思っている次第です。

 

和田アキ子はもしかしたら2020年に再び手術をする可能性がある。

アッコさんは、2019年6月18日に出演した【巷の噺】にて、こんな発言をしています。

もうちょっと…今年いっぱいこれだったら、来年、整形しようと思って

引用元:yahooニュースより

…私は、この発言通り2020年に再び手術を受けると思いますね。手術法によっちゃやり直しが出来るみたいですし。

ただ、また別の手術法になるかもしれないですしどうなることやら(>_<)無事、成功して満足いく結果に終わればいいですよね。

また、動向が分かり次第追記していきます。

 

和田アキ子は、過去に『シェーグレン症候群』と診断されていた。

『シェーグレン症候群』、それは難病の一つです。

シェーグレン症候群は、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病に合併する二次性と、他の膠原病を合併しない原発性に分けられる。

患者の約94%が女性といわれ、涙腺や唾液腺に炎症が表れるのが特徴だ。主な症状は目や口が乾くドライアイやドライマウスで、両方の症状が出る場合もあれば、どちらか片方の場合もある。

引用元:時事メディカルより

アッコさんは、2016年10月あたりにこの病気の苦しさを吐露しています。涙や唾液が出にくくなっており、いつも水を持っていると言っていました。

この難病も、眼瞼下垂同様に頭痛がすると情報がありますし、常にアッコさんは頭痛と闘ってきたのですね。。。

日常生活で何を気を付けなければいけないかと言いますと

規則正しい生活

精神的なストレス

十分な睡眠をとる

などが挙げられますが、芸能界で人気のアッコさんには少し厳しかったのかもしれませんね。

このような病気に掛からないためには芸能界を引退するしかないのかもしれませんよね(>_<)

ああ見えて、もう70歳目前ですからね。まだまだ奮闘するでしょうから、是非お体には気をつけて活動して欲しいと願うばかりです。

 

 

まとめ。

和田アキ子の現在違和感があり、本人は手術に満足していない。

和田アキ子の手術は失敗に終わったと見ていい。何故なら、『眼瞼下垂』の手術を受けてから3か月から6か月経てば完全に落ち着くと『アオハルクリニック』の【医師】が言っていた為。和田アキ子は手術が終わってその期間を超えているのにも関わらず違和感がある。

和田アキ子は2020年に恐らく再手術を行う。

 

コメント